戻る

超薄型懐中時計

1805 年頃、「ムリニエ・ボット社」により製作された超薄型サボネット懐中時計(超薄型ハンターウォッチ)。この種の懐中時計としては、最も初期のモデルのひとつ。彫刻とギヨーシェ模様が施されたイエローゴールドケースはエナメルと様々な色のゴールドで装飾されています。エナメルの文字盤。

フロランタン・ダカット

1840 年頃「J. F. ボット社」製作のイエローゴールド製超薄型レピン懐中時計。彫刻とギョーシェ模様が施されたケースと文字盤。この時計は、1828 年製フィレンツェのダブル・ダカットの内部に収まります。金製の巻き上げキーと亀の鱗でできた収納ケース付き。

オペラグラス型

1860 年頃、ロッセル&ボットにより製作されたオペラグラス型時計。半透明のブルーエナメルとダイヤモモンドであしらわれた花模様で装飾されたイエローゴールドケース。オペラグラス部分は折りたたんで時計がはめ込まれたケースに収まります。シリンダ式脱進機を備えたムーブメント。

ニッケルメッキ スリー・ブリッジ

1860 年頃、ジラール・ペルゴ社製のピンクゴールド製ポケットクロノメーター。ケースにはモノグラム「JJG」と彫刻。ホワイトエナメルの文字盤。このクロノメーターはニッケルメッキの平行なスリー・ブリッジ付きトゥールビヨン機構。ヌーシャテル天文台コンクールで第 1 位を獲得しました。

十字架

1870 年頃、ジラール・ペルゴの製作によるエナメル装飾のイエローゴールド製十字形ペンダントウォッチ。十字架の表面は彩色エナメルの宗教的なモチーフで装飾。裏側には、ラテン語で「アヴェ・マリア」と刻まれています。ダイヤモンドを配したベゼルがホワイトエナメルの文字盤を囲んでいます。十字架形のムーブメントが特徴。

小型の本

1860 年頃、ジラール・ペルゴ社製の小型のファンタジーペンダントウォッチ。ブルーエナメルの装飾と彫刻を施したイエローゴールド製ケース。エナメル装飾の文字盤は、多彩色メダイヨンを上にのせた小さな格子窓によって保護されています。肖像画を収める両開きの扉付き。

エスメラルダ

コンスタン・ジラールの代表作品である名高いゴールド・スリー・ブリッジ付きトゥービヨンの中でも、最も有名な「ラ・エスメラルダ」(1889 年作)。モノグラム「CG」等、豊富な彫刻がほどこされた蓋付きのピンクゴールド製ケース。エナメルの文字盤。平行な 3 つのゴールド・ブリッジの付いたムーブメントはシリンダ式脱進機を備えています。この作品は 19 世紀後半、当時のメキシコ大統領が所有していたとされています。

ダブルフェイス

1890 年頃、「ジラール・ペルゴ社」製によるピンクゴールド・超薄型懐中時計「ダブルフェイス」片面に時・分・秒がもう片面に、曜日、月、日付、月の満ち欠けを表示したエナメルの文字盤。この作品はエジプトのファルーク国王が所有していました。

イヤー・カレンダー

1905 年頃、ジラール・ペルゴ社製のグランド・コンプリケーションのイエローゴールド製サボネット懐中時計。トリプルカレンダー(曜日、日、月)と月の満ち欠けを表示した文字盤は彫刻と彫金が施されています。

ヴィンテージ 1945

1945 年頃作られたオリジナルモデル、“ヴィンテージ”のレクタンギュラー(長方形)腕時計。ステンレススチール&イエローゴールド製ケース、手巻きムーブメント。

ロレアート

1975 年製、ゴールド&ステンレススチール製のクロノメーター。クオーツ・ムーブメント。八角形のベゼル、時計と一体化したブレスレット。1970 年代初期にジラール・ペルゴ社の技術者により開発されたクオーツ・ムーブメントを収めるために考案されました。

GP 7000

クロノグラフ GP 7000、自動巻き。1987 年に誕生したこの前衛的なシリーズはすぐに華々しい成功を収めました。モデル 7000は、ジラール・ペルゴの刻印をもつ時計の中で最も価値のある作品のひとつといえます。