Laureato Laureato Flying Tourbillon Skeleton Ref(リファレンス)99110-53-001-53A

1975 年、ジラール・ペルゴはポリッシュ仕上げの八角形ベゼルと一体型ブレスレットを備えたスポーティなオリジナル モデルを発表しました。2017 年、ロレアート モデルの歴史において新たな時代の幕が開きます。45 mm、42 mm、38 mm および 34 mm の 4 サイズが用意され、真の完全なコレクションになります。

浮き彫りになる透明性

独自な作品に裏打ちされた豊かな歴史を基盤とするマニュファクチュール ジラール・ペルゴは、過去、現在、未来に橋を架けながら、常に時計製造についてのアプローチを再考しています。1975 年に発表されたオリジナル モデルの直系であるロレアート フライング・トゥールビヨン スケルトンは、透かし彫りの外観の中にグラフィカルにデザインされた機械式自動巻ムーブメントを備えています。
laureato>>Laureato Flying Tourbillon Skeleton
透明仕上げ

時計

ケース

素材: 
ホワイトゴールド
直径: 
42.00 mm
厚さ: 
10.76 mm
裏蓋: 
サファイアクリスタル
文字盤: 
夜光付きゴールド製サスペンディッド インデックスを示すリング
防水性: 
3 ATM

ストラップ

素材: 
ホワイトゴールド
バックルの種類: 
トリプルフォールディング
バックルの素材: 
ホワイトゴールド

ムーブメント

キャリバー

リファレンス: 
GP09520-0001
タイプ: 
自動巻機械式ムーブメント
直径: 
32.50 mm (14 1/2''')
厚さ: 
6.20 mm
振動数: 
21,600 Vib/h – (3 Hz)
部品数: 
262
石数: 
28
ローター: 
ピンクゴールド
仕上げ: 
サンドブラスト、面取りおよび NAC 処理
パワーリザーブ: 
約 50 時間

機能

時, 分, フライング・トゥールビヨン.

キャリバー GP09520-0001

透明性が創業当初以来のブランドに縁のあるもう 1 つの美的規範であるということを思い起こさせつつ、その繊細さを明らかにするため、マニュファクチュールの職人は丁寧にサテン/ポリッシュ仕上げを施したケースにラージ サイズのキャリバー GP09520 を組み込みました。このキャリバーの地板、ブリッジ、自動巻機構のローターにはすべて丹精こめた透かし彫りが施されています。このキャリバーではそのメカニズムの核心部分を目にすることができ、自社製ムーブメントの 262 の部品のほとんどが確認できます。

バリエーション

Laureato Flying Tourbillon Skeleton

その他 Laureato の製品

Laureato Perpetual Calendar
新作
Laureato Chronograph 38 mm
Laureato Chronograph 42 mm
Laureato Flying Tourbillon Skeleton
Laureato 34 mm Royalty
Laureato 42 mm Ceramic
Skeleton Earth to Sky Edition
新作
Laureato Skeleton Ceramic
Laureato Skeleton
Laureato 34 mm
Laureato 42 mm
Laureato Tourbillon
Laureato
Laureato Flying Tourbillon Skeleton
99110-53-001-53A