輝きに魅せられて
クエーサー アジュール
ジラール・ペルゴは 1867 年に誕生したマニュファク チュール初のブリッジ タイムピースを想起させる 、 アジュールブルーのサファイアクリスタルを纏ったオ リジナルのクエーサーの新しいバージョン、 クエーサー アジュールを発表します。 この新しいモデルは 8 本限定生産で、 その希少価値を感じさせます。
Laureato Absolute Light
みなぎる光
オリジナルモデルの内に秘められた力を明らかにすることで、妥協なき真の傑作が誕生します。より洗練され、そしてより現代的。完璧なアプローチによって実現した、今を生きるアクティブな人々のための都会的モデルとなっています。
大胆さと情熱
Laureato Absolute Passion
赤(レッド)はマニュファクチュールが豊かな歴史を培ってきた自動車の世界を思い起こさせるスポーツ ウォッチにおいて、何十年にもわたるジラール・ペルゴのコレクションに不可欠な要素です。ジラール・ペルゴはアブソルート コレクションの大胆な個性と情熱的なレッド カラーを融合させたロレアート アブソルート パッションによって、その力強い伝統を永続させます。
星々への旅
1966 Orion
1966 オリオン三部作は神話的なオリオン座を物語った詩情豊かな作品です。夜空にも眩い 3 つの星がブラックまたはブルー アベンチュリン ダイヤルに再現されています。

「ジラール・ペルゴ に謎はない、

ただ2世紀以上にわたってクラフトマンシップ と完璧な時計作りのためのたゆまぬ努力を続け てきただけのことである」
新作

SIHH 2019

ジラール・ペルゴは、ジュネーブの国際高級時計展(ジュネーブサロン:SIHH)への復帰を祝し、魅力的な新作を披露します。これらは、マニュファクチュールが2世紀以上にわたって名声を築く基礎となった数々のアイコンの後継者です。

Girard-Perregaux

伝統と責任

ジラール・ペルゴの最も古いルーツは、ジュネーブの時計師で宝石職人でもあったジャン=フランソワ・ボットの業績にあります。ボットが初めて時計を作ったのは1791年のことです。そしてポットの後を継いだ会社は、コンスタン・ジラールとマリー・ペルゴの夫婦から1856年に誕生したジラール・ペルゴによって、1906年に買収されました。

Jean-François Bautte portrait
Heritage and duty