注目すべき年
03.08.2021

注目すべき年

ジラール・ペルゴ ロレアート アブソルート Ti 230: 記念すべき年

このモデルは現代的ではありますが、伝統的なクラフトマンシップが駆使されています。また、さらに豪華なディテールとして、サンドイッチ構造の文字盤と GP の世界初のラバー合金ストラップ(今回はチタンを加えたもの)が採用されています。
ジラール・ペルゴの CEO

注目すべき年 スライダー画像 1
注目すべき年 スライダー画像 2
注目すべき年 スライダー画像 3
注目すべき年 スライダー画像 4
注目すべき年 スライダー画像 5

ロレアート アブソルート Ti 230、その名の由来


今年はジラール・ペルゴの創業 230 周年にあたります。これを記念して、マニュファクチュールではブランドを象徴するモデルに新しい解釈を加え、多くの新作を発表します。

1791 年は、イギリスの聖職者ウィリアム・グレガーが英国コーンウォールで「メナカナイト」と呼ばれることになる黒い砂を発見した、注目すべき年です。グレガーは、分析した結果、この砂には酸化鉄と未知の金属が含まれていると結論しました。その後、この金属はチタンであると特定されました。チタンは、ギリシア神話でウラノスとガイアの間に生まれた子供、タイタンから命名された元素です。現在、チタンは時計製造にかぎらず、航空宇宙、医療、モータースポーツなどの分野で広く使われており、多くの利点によって選ばれています。

ロレアート アブソルート Ti 230 には、ジラール・ペルゴとウィリアム・グレガーという 2 つの物語が結びついており、230 年以上にわたって蓄積されてきたノウハウが駆使されています。

 

新しいロレアート アブソルート Ti 230 とチタンの組み合わせ


ロレアート アブソルート Ti 230 はサンドブラスト/ポリッシュ仕上げを組み合わせたチタンケースを備え、そこへグラデーション文字盤を組み合わせてこれまでにない光との戯れを表現したモデルです。自信に満ちたそのスタイルをさらに引き立てるのは、ゴムと金属粉を混ぜ合わせたラバー合金を用いたファブリック調のストラップです。

優れた柔軟性と高度な技術的ノウハウを兼ね備え、ロレアート アブソルートが漂わせる大胆な魅力にふさわしい素材です。

金型から取り出されたラバー合金ストラップは手作業で滑らかに美しく仕上げられ、快適性もさらに高められています。

最後の美しさを添えるのがストラップに施されたステッチで、時計のパーツと時には美しいコントラストを成し、あるいはそれにマッチした色調となっています。