エナメル加工 画像

エナメル加工

Enamelling Savoir Faire
エナメルパウダーの製造から最終的な研磨工程まで、エナメル加工は古くからある熟練職人の手作業による芸術的な手仕事です。その技術を教える正規の学校のようなものはないため、知識やノウハウは経験豊富な職人から若い世代へとただ受け継がれてきました。
エナメルは、粉末状にしたシリカ、鉛丹、カリ、ソーダからできており、金属酸化物を加えることでさまざまな色を出すことができます。この粉末を文字盤のくぼみに入れて通常は約 800°C の窯で焼成します。この工程は目的の光沢が得られるまで 5 回から 10 回繰り返されます。グラン・フー・エナメルにはかなりの経験が必要であるのはもちろんですが、たとえ経験豊富であっても、基本的に表面のひび割れ、気泡、色むらなどにつながる焼成を繰り返す必要があるため、予測不可能な事態は避けられません。しかし、時間や手間はかかっても、完璧に仕上げられたグラン・フー・エナメルの文字盤には永遠に色褪せることがないという大きな利点があります。

Eternity

 

無限大記号は永遠を意味します。ジラール・ペルゴは、創業 230 周年を祝って、ラ・エスメラルダからロレアート、キャッツアイまでのアイコン モデルを見直し、その歴史を讃えるとともに、これまで培ってきた膨大なノウハウの証となるエタニティ エディション シリーズを発表しました。エナメル加工による深いブルーとグリーンの美しさは、長い歳月が過ぎても決して褪せることなく、発表されたときのままにフレッシュな外観を保つことでしょう。

℃の高温

800

 

「グラン・フー」と呼ばれる技法では、エナメルの文字盤を 800 ℃ の窯で焼成します。この工程を確認するには、窯の開口部から目視で状態を監視するしかありません。文字盤の素材、エナメルの質、あるいは温度変化といった変化しやすい要素が多いため、焼成工程を時間で管理することは困難です。

5から10

 

均一なエナメル加工に仕上げるにはエナメルの層を極めて正確かつ均一に施すことが必要で、これは焼成回数が増えるほど複雑になります。深みのある濃い色を出すには、5 層から 10 層のエナメル、すなわち 5 回から 10 回の焼成が必要なため、焼成に伴うひび割れや不具合のリスクはそれだけ大きくなります。