今年で 230 年 画像
Girard-Perregaux

今年で 230 年

今年で 230 年
当社は、230 年以上にわたり、さまざまな形状や素材を取り入れてきました。このことは、クラシックなエスメラルダ、超現代的なクエーサー、あるいは最近であれば複雑な中空状のデザインのスリー・フライング ブリッジ トゥールビヨンといった製品を生み出したアイコニックなブリッジ コレクションを見れば明らかです。これらの革新的なモデルはすべて、時計の製造を根底から覆すような崩壊、混乱といった要素を秘めています。
ジラール・ペルゴは、そのすべてに遊び心に満ちた軽やかさが感じられることでも知られています。これには、最近で言えば、アーティスト Yaman “Yamsonite” Okur とのコラボレーションなど、自社のデザイン哲学にさらに抽象的な解釈があります。共通点はそこだけではありません。幅広いさまざまな表現の分野に携わっているとしても、この人物もジラール・ペルゴも共に「ムーブメント デザイナー」です。

ジラール・ペルゴの工房を巡る

Yaman Sonite は、ジラール・ペルゴとのコラボレーションによる最新作の動画で、ムーブメント デザイナーとして、ダンスを通して工房にまつわる物語を繰り広げながら、私たちを当社の別荘から始まって工房へと移動するアクロバティックなツアーに連れて行ってくれます。

 

Narrative 1
1791 年 ジュネーブ

偉大な歴史が始まる

1791 年 ジュネーブ

偉大な歴史が始まる

Narrative 1

コンスタン・ジラールとマリー・ペルゴが 1854 年に結婚したことは、ラ・ショー・ド・フォンでスイス時計の製造を営んでいた 2 つの家族を結びつける以上の効果をもたらしました。まもなく 2 人は 1856 年に工房を構え、時計製造の技術革新の最先端に立ちました。それ以後、世界の時計メーカーのために新しい大胆な基準を打ち立て続け、これは伝統となって現在に至っています。 しかし、ジラール・ペルゴの歴史には、もう 1 つの結びつきがあります。それは、1906 年、ジュネーブにあったジャン=フランソワ・ボットのメゾンをジラール・ペルゴが取得したことです。こうして、ジラール・ペルゴのルーツは、ボットが宝石をちりばめて時の美しさを明らかにする極薄ケースを初めて発表した 1791 年までさかのぼられることになりました。

イギリスのビクトリア女王から、フランスの作家アレクサンドル・デュマまで。中国の皇帝から、印度のマハラジャまで。ボットのデザインは、世界の王侯貴族の想像力をとりこにしました。夢幻の時計を求めるこうした威信ある顧客は、合併によってジラール・ペルゴに集まることになりました。 ボットの宝石や真珠を超えて、ジラール・ペルゴは時計の技術部品を芸術作品へと変えました。合併を通じて、美しさと機能性の融合によって、卓越した高級時計が真価を発揮し、2 世紀にわたって時の価値を明らかにしてきました。こうしたラ・ショー・ド・フォンのマニュファクチュールの伝統は、今なおジラール・ペルゴに息づいています。

Narrative 2
1906 年以来のマニュファクチュールとしての地位

ラ・ショー・ド・フォン

1906 年以来のマニュファクチュールとしての地位

ラ・ショー・ド・フォン

Narrative 2

ジラール・ペルゴのマニュファクチュールは、スイス西部、ジュラ山地に囲まれたラ・ショー・ド・フォンの街にあります。ここは、優れた時計を製造する街として、ユネスコ世界遺産に登録されています。

ジラール・ペルゴは、必要な時計の全技法を習得することで、1906 年以来、1 世紀以上にわたってマニュファクチュールとしての地位を守ってきた、スイスでも数少ない時計メーカーの 1 つです。 ジラール・ペルゴのマニュファクチュールは、熟練の時計職人にとって、伝統への誇りと驚嘆の源となっています。この地方の素晴らしい風景、優美な建築、語り継がれる歴史は、絶え間ないインスピレーションの源となってきました。

INNOVATION
時代を超越した

革新の伝統

時代を超越した

革新の伝統

INNOVATION

創業以来、ジラール・ペルゴは大胆にも時計製造の世界を文字通り覆し、精巧な技術の芸術性を浮き彫りにしてきました。ジラール・ペルゴの「スリー・ゴールドブリッジ付き」トゥールビヨンは、1860 年代のブリッジを単なる技術的な要素から、目に見える、時計に不可欠な一部へと変えました。これは時計製造の歴史上、初めてのことです。 ジラール・ペルゴの技術革命のもう 1 つの例となるのは、2008 年に最初の試作品が発表され、2013 年に製造が開始された、ブリッジ コレクションに属するコンスタント・エスケープメント L.M.です。これにより、5 世紀以上にわたって機械式時計の課題となってきた、コンスタント・フォース(一定した力)という問題が解決されました。この時計は、ジュネーブ時計グランプリで「金の針」賞を受賞しました。

in the spirit of
自社の永遠の時計に

新しい光を当てるために

自社の永遠の時計に

新しい光を当てるために

in the spirit of

1975 年、ジラール・ペルゴは、八角形ベゼルと一体型スティール製ブレスレットを備えたスポーティー エレガント モデルを初めて発売したブランドのひとつです。以来、ロレアートは、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げ、直線と曲線を魅力的に組み合わせたデザインで知られてきました。「スポーティー シック」をコンセプトとしつつ、フォーマルな装いをも引き立てるモデルです。優れた多用途性がアイコニックな魅力を際立たせています。 1991 年、創業 200 年を記念し、腕時計サイズまで小型化したバージョンのスリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨンを発表しました。2016 年には、オリジナルの 19 世紀の懐中クロノメーターに敬意を表し、自社の永遠の時計に新しい光を当てるために、至高のオート・オルロジェリー(高級機械式時計)であるラ・エスメラルダ トゥールビヨンが発表されました

1889 年、オリジナルのラ・エスメラルダ トゥールビヨンはパリ万国博覧会で金賞を受賞しました。2016 年に創業 225 周年を記念して新たな光を当てたトゥールビヨンも、すべてのブランド、すべての時代にとって、時計製造の金字塔となりました。 優れた技術と象徴的なデザインを結びつけるという伝統を大切に守るジラール・ペルゴは、今年、フリー ブリッジを発表しました。このモデルは、ハイテク シリコン製の脱進機を備えた彫刻的なムーブメントと「空中ブリッジ」によって、デザインと革新の境界を広げました。